睡眠改善薬ドリエルの副作用?と感想レビューを書いてみる

こんにちは、LRです。
早めに書こうと思ったけどこんな時間になっちゃいました。(23時30分)

前にこんな記事書いたと思います。

早寝早起きのコツ:5つシェア

このリズムは三日坊主ならぬ十日坊主まで(珍しく)つづいたんですけど、最近仕事がちょっと忙しくなっちゃって、また生活が不規則になってきました。

もともとロングスリーパー×夜型なので、一度生活リズムが乱れるとなかなか大変なことになります。

それで、困ってるのが不眠症というか、睡眠障害クラスなんじゃないかと思うほど睡眠が乱れてること。
ほとんど一睡もしなかったり、20時間とか寝てしまったりといろいろやばい。

これは強制的に治さなきゃと思って、睡眠薬を試してみることにしました。

とりあえず有名な睡眠改善薬ドリエルを買ってみたよ

で、買ってみたのがドリエルです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第(2)類医薬品】ドリエル 12錠
価格:1480円(税込、送料別) (2018/2/26時点)

ちなみに病院とかでもらえるのが睡眠薬・睡眠導入剤で、ドリエルは成分が違うので睡眠改善薬と言うらしいです!

で、早速飲んでみた感想……

ドリエル飲んだら酔った後のような、頭ボーっとしていく感じがしました。

へべれけにはならないけど頭だけ酔ってる感じとか、風邪や花粉症でぼーっとするとか、そんな感じに近いと思います。

どうやら覚醒物質のヒスタミンというやつが受容体とくっつくと目覚めるらしいんですが、ドリエルの成分『ジフェンヒドラミン塩酸塩』が、先にヒスタミン受容体とくっついて、覚醒をジャマするらしいですね。

それでですね、体感としては「うわ薬漬けだわー」って感じがめっちゃします。(僕の場合)

なんだろ、だんだん脳機能低下してく感じで、ぼーっとしながら「これいいんやろか」みたいに思ってました。

ぶっちゃけ、

睡眠薬って危険なんじゃない?

って感じました。(飲んだのは睡眠改善薬だけど)

なぜかって、脳機能低下した状態に慣れてそっちがスタンダードになってしまうと、完全にうつ病に向かってる気がするんですよね。

とはいえ、睡眠障害をほっといてもうつ病になる気がするし、常用はしないというのが一つの答えなのかなーと思います。

L-トリプトファンってサプリもあるらしい

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

国産原料、国内生産のL-トリプトファン (120粒、1ヶ月分)
価格:1550円(税込、送料無料) (2018/2/26時点)

こっちは、トリプトファンがセロトニンになり、セロトニンがメラトニン(眠れる素)になる仕組みですね。

今度はこれを試してみたいかなーと思います。自分で実験楽しいです。

ではではLRでした。
今日は眠れるといいな。おやすみなさい。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 LR
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.