SANGOのワードプレステーマは未知で可愛い

こんにちは、LRでででっす。

ワードプレスのテーマ(ブログのテンプレートのこと)を、SANGOというものに変えてみました。

なじみにない人には何のこっちゃかもしれないけど、ざっくりいうと、デザインが変わったよーってことです。

今はまだデフォルトの状態で、今からいろいろ自分ナイズドしていく感じになるのだけど、これはすごく良いテーマだなあということで、テーマ変更後に感じたことを書いてみたいと思います。

SANGOの未知な感じ

きのう、こんな記事を書きました。(ボックスをクリックすると飛べるよ↓)

未知の世界へ飛び込むと新たな可能性を発見できるかもしれない話

最近、未知なものをたくさん選択してて、可能性が広がる気がするなあ、って話です。

それで、僕にとってSANGOもまた『未知』なんですね。

というのも、僕は仕事がら、ウェブセールス系はプロとしてやっています。
で、このテーマを初めてみた時、どうも「ピンと来なかった」んです。

「マーケティングの経験的に見たら、もっといいテーマあるぞ」と。

ヘッダーのサイズや記事の行間、SNSボタンの位置や表現の仕方など、こっちのがいいんじゃないかなー?というテーマは、他にいくつかあったんですね。

それでもなんでSANGOを選んだか?それは、

今の僕の感覚でピンと来ないのなら、未知の可能性が眠っているかもしれない

って思ったんです。
つまりは、未知の可能性が、今の僕にとって盲点になっているかもしれないと考えました。

確かによくよく考えれば、僕はスマホよりはパソコン世代です。
どうしてもパソコン視点で見がちで、「スマホのが身近にある人の基準」は、いまいち見えていない部分があるんですよね。

それで、SANGOがコンセプトに据えている『マテリアルデザイン』は、スマホを含めた全デバイスでわかりやすいサイトを作るために、2014年にGoogleが発表した、かなり新しい基準です。

だからこそ、僕にとっては未知や盲点が多く、何かの可能性が眠っているんじゃないかなあと思って、このワードプレステーマに変えてみたんです。

では、変えてどうだったかというと、

「SANGOは可愛い」

の一言につきます。

なんだろ、表示速度が早いとか、特にノートパソコンで使ってると見やすいとか、いろいろあるんですけど、とにかくやわらかくて、タップしたくなるデザインだなと。

優しい気持ちになれるテンプレートです。

これはデモサイトや導入サイトを見ていた時には気がつきませんでした。
気がつかなかったことを発見したということは、ひとつの未知を、既知に変えたということですね。

きっと、このワードプレステーマを使っていくことで、また新たな未知が、既知に変わってゆくでしょう。

そんな日々を楽しみに、ブログを書いていきたいと思います。

LRでした。おやすみなさい。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 LR
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.