働きたくない人向けのおすすめ本4選を読んで幸せになってしまえ

LRででです。

僕は『幸せになる』というテーマを考えた時、『働かないこと』はすごい重要だと考えています。

まったく仕事をせず自由な時間を作ることもそうですし、仕事と思わないような大好きなことで収入を得る体制をつくって、働いている感覚のないまま生きていくことも大切です。

特に、クリエイティブな発想は、『一見意味がなさそうな時間』がいっぱいなければ、なかなか生まれてはきません。
まったく関係なさそうな知識体験が、ある時ふっと結びついた気づき発見にこそ、歴史的発明がひそんでいたりします。

と、ちょっと話がそれましたが、働かず自由な時間をふやすことは、人生の充実のためにとても大切です。

『働きたくないあなた』のために、僕が読んできた本でおすすめの本4つを紹介します。

働きたくないあなたのための僕的おすすめ本4選

1.年収90万円で東京ハッピーライフ(大原扁理)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

年収90万円で東京ハッピーライフ [ 大原扁理 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/2/21時点)

前にお金の不安(金銭支配)から逃れる3つの方法って記事でちょこっと紹介しました。(わかりづらい記事だけど)

週2日、介護のお仕事しながら年収90万円で東京ライフを満喫している、大原扁理さんの本。
今は台湾で隠居生活を楽しんでらっしゃるようです。

この本はすごく文体が優しくてのんびりしているので、隠居系の本の中では読みやすくておすすめです。

「バリバリ自己投資してガンガン前に進むぞ」みたいに能力開発が趣味の僕にとっては目からうろこの考え方というか、かなり盲点になっていたので、そんな楽な姿勢もいいなあと思いました。

はじめての隠居系の本におすすめだと思います。

2.ニートの歩き方 お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用(pha)

有名な”日本一の元ニート”phaさんの本。
今は本とか書いたり活動が多くなってきたので、元ニートという形なんだそうです。

この本も同じく、力が抜けていてすごく読みやすいです。
ほとんど働いてない生活という意味で、とても見習うべきポイントがあると思います。(働かないことを見習うポイントってなんかへんに感じるけど)

「とりあえず集まっとけばしなないだろう」みたいな文章があって、なるほどそうだなあと思いました。
僕も何かしらで集まりたいなあと思うけど、人との共同生活が難しいタイプなので、たぶんシェアハウスは無理かなあ。

3.働かないって、ワクワクしない?(アーニー・J.ゼリンスキー)

かわいい何らかの生き物が表紙の本。読んだのはけっこう前だったと思う。
いつもいつも仕事中毒で働きすぎるのをやめて、すごく充実できる、大好きなことをする自由時間をもちましょう的な本です。

この本はなかなかぶあつくて、洋書の翻訳なので読みづらい部分もあるんだけど、ところどころに「勇気づけてくれる言葉」が散りばめられているんですね。

そうじゃない、作者の主張の部分はたまにどこか頑固な部分もあって(翻訳のせいかもしれないけど)、賛否がわかれるかもしれないけど、働きたくない人は一読しておくと良いかなと思います。

たぶんはまる人は相当にはまるので、表紙にいる可愛いなんらかの動物にひかれた人は読んでみてください。
3ヶ月後ぐらいに仕事やめちゃうかもしれません。

4.誰もが幸せになる 1日3時間しか働かない国(シルヴァーノ・アゴスティ)

ラストはこの本、『誰もが幸せになる 1日3時間しか働かない国』。
これすごいいい本なのに、絶版ぽいのがすごく残念です。中古で買ってみんなに配りたいぐらい。

文体がやさしくてスラスラ読める小説なんですが、「1日3時間しか働かない」すごく理想的な、ユートピアを描いた内容です。

働いてない時間は自分のために使って、子どもたちは楽しいから自主的に学び、政治家はボランティアで、積極的に国をよくしようとしてる。
みんな満足してるから、警察や刑務所は必要なくて、18歳になったら家がもらえ、武器はいらないから埋めちゃいました、みたいな。

「そんなの夢物語じゃん」って思うかもしれないけど、夢物語を描くところから、現実って変わっていくんですよね。

少しでもゆとりある時間をつくって、その時間をかみしめること。
そのイメージづくりのために、この本はすごく役立つと思います。(役立つって考え方も違うかもだけど)

『働かない』ってスタイルを作っていくためには、最初にもすこし書いたけど、

1.働く時間を最小にして、ゆとりある時間をつくる
2.働いてる感覚がない、大好きなことを自然と収入にする

この両方の取り組みが大切だなと思います。

僕もその道はまだまだ途上だけど、どんどん近づいていってるとは思うので、これからも追求しつつ、役立つ情報はあなたにもシェアしていきたいなと思います。

LRでした。
おやすみなさい。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 LR
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.