電子レンジなし生活の食事で感じたこと

LRでです。

電子レンジなしになって2週間ぐらい経ちました。

【ミニマリスト】電子レンジと折りたたみベッドを遂に捨てた!

不便してるか?って言われると全然そんなことなくて、なかったらなかったで全然なんとかしてるなーって感じです。

一応IHもあるので、ゆで卵も作れるし、冷凍チャーハンとかは炒めればいいし。
強いて言えばトーストぐらいだけど、それも普段あまり食べないので問題はなさそうです。

それで、電子レンジなくなる前となくなった後、食事に対して感じたことを書いてみたいと思います。

電子レンジなし生活でわかった食事のこと

僕はもともと電子レンジをけっこう多用してました。

冷凍の担々麺とかよく食べてたし、パスタもよく食べてたし。
あとお弁当も食べるので、よくあっためてたんですね。

たまに天ぷら用野菜(しいたけ、かぼちゃとか)をなぜか炒め物に使う時があるんですけど、火を通すために、予熱的に先にレンジでチンすることもありました。

それが電子レンジ使わなくなって一番感じたのは、

「レンジ使わないとなんかおいしい」

ってことです。(プラシーボかもだけど)

IHだとまあまあ火が全体的に通るし、レンジであたためた時のバランスの悪さがないんですよね。(ガス火のがいいけど)

あと、食べ物のエネルギーを取れてる感じが、なんとなくですがします!
これもプラシーボかもしれないけど。

ちょっと気功っぽい話になっちゃうけど、食べ物って栄養を摂ってるというよりは、食べ物のエネルギー(カロリーではなく、気のようなエネルギー)をもらってると僕は思ってるんですね。生気のような感じです。

どんな食べ物にエネルギーが多いかというと、なるべく加工されてなくて、本体に近い状態のものが、まずそうだと思います。

たまに、

「食べてるんだけど何だか力が入らないな」

って時ありませんか?

僕はそういう時があって、だいたいスーパーの弁当や惣菜ばっかし食べてる時です!

逆にカロリー的には低くても元気な時は、だいたい米・味噌汁・豆腐・タマゴだけとか、ほとんど素材そのままの状態で食べてたりします。

新鮮や有機栽培みたいな話も大切だと思いますが、無加工に近い食べ物が一番エネルギーもらってる感じがするんですよね。

あと、化学的に調合された系(完全栄養食やプロテイン)のようなものだけ食べてる時も、おなかは満たされてるんだけど心が満たされてない感があります。

今ボイトレしてるところのリーダー的先生が、専門機関で栄養の研究をされてたことがあったそうなんですが、その先生によれば、

「プロテインの類は食事より栄養の吸収率が悪い」

そうなんです。僕も天邪鬼で当時COMP(完全栄養食)をテストしてたんで、「嘘だー!」とか言って無視してましたけど笑

今だったらおっしゃることも何となくわかるきがしますね。

……って、電子レンジから話がちょっとはずれちゃったけど、電子レンジ調理のものにエネルギーを感じないってことは、やっぱりマイクロウェーブ加熱なので、根本から食べ物の構造を破壊しちゃうのかな?って思うんですよね。

生気のエネルギー以外で考えても、人間が進化の過程で獲得してきた胃の消化能力に対して、電子レンジが登場したのはここ50年とかで、水分子の振動で構造が変わってしまった食べ物の栄養を吸収できるのか?って話もあると思います。

そのあたりも考えると、おいしさを感じないのも、ちょっとわかる気がするなあと。

ただ、

電子レンジを捨てるまでは、そういった変化に気づかなかった

んですよね。
これはこれで怖いことだと思います。

便利さや豊かさと言われるものの影に、盲点になっているおかしな話はきっといっぱいあって、もっと目の前を見つめ直していかなきゃなあと感じた出来事でした。

LRでした、おやすみなさい。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 LR
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.