人生飽きたなぁ、しにたいなぁと思う時。

LRです。

あなたは、人生飽きたな、しにたいなって思う時、ありますか?

僕はここ1-2週間ぐらい、「もう人生飽きてきたなぁ」とはよく思います。
その延長線上で、そろそろしんでもいいかなぁ、とも思います。

もちろん、目の前に死がやってきたら、「イヤだイヤだ」と、なるのかもしれないけれど、それはそれで。

やりたいことも何となくやったし、今ある程度は好きなこともできているし、そろそろいいかなぁ、とか思ってしまうのです。

それはなぜなんだろう、どうしたらいいんだろう?って話をしてみます。

人生飽きたなってなぜ思うのだろう?

そもそも、なんで人生飽きたって思うのかなぁって考えてみました。

僕は親とのトラブルだったり、高校のころは少し不登校気味になっていたり、トータルで見ればそれなりに色々経験してきたと思います。

一方で、自分のことはすごく運が良いと思っていて、人より遅れたり何か問題が起こっても、なんだかんだでつじつまは合わせてきました。

そんなこれまでの人生の中で、例えば1500人以上の前で演劇したり、お客さんはそんないなかったけど、歌った後に涙流して喜んでもらえたり、創作表現活動の充実感は味わってきています。

真理探求や思考の面では、「世界はこういう風にできているのだなあ」という部分もなんとなく見えてきて、「この先に進めば、また新たな発見はあるのだろうけど、きっとこんな感じだろうし、行く意味あるのかな」と感じている自分もいます。

だから、「なんで人生飽きてきたの?」っていえば、

今の自分にとってのゴールが見えてきてしまった

ってことなのかもしれません。

僕はこのゴールは、真理を観ることや、すごく良い音楽作品をつくること、だと思っていたけれど、
今になって思うのは、おそらく、「マイナスを埋めたかった」のだろうと。

昔から、「1の感覚を10まで大きくする」というクセがあるので、相対的に見ればそれほど大きな不幸でなくとも、心の中では相当に大きいものとして扱ってきました。

それで、どんどん掘削された心の奥底にはヘドロが渦巻いていて、18歳ぐらいのころ、すごく分厚いマンホールをかぶせてしまったのだけど、その辺の埋め立て作業をするのがひとつのゴールではなかったか、と思うのです。

豊洲市場の地下に眠るなにかの産業廃棄物にように、埋め立ててしまって、「まあ何の物質も感じないよね、ほとんど出てないよね」ぐらいになってしまったので、人生飽きてきたのかもしれないと。

なんでもそうですが、

遠くにあるゴールや、かけ離れた存在ほど、人を引っ張るエネルギーがあります。

自分じゃ絶対なれそうもないキラキラした存在であっても、ひとたび目指そうと覚悟すれば、大きなモチベーションに変わります。

逆に、ネガティブなゴールでもそうです。

「あいつが憎い、絶対に復讐してやるんだ!」みたいなことでも、困難で遠いことほど、人が執念を燃やすモチベーションになるのです。

ポジティブ・ネガティブ問わず、ゴール達成が近づいてきて、今の自分と未来の自分との距離感が近くなればなるほど、満足して行動しなくなっていく。

「人生飽きたな、そろそろいっかな」

って思って、なんとなく、ゆるやかな自殺へと進んでいくのかなと思いました。

負の埋立工事にフォーカスしてきた僕が、今後どこへいくのかなあということを、もう一度見つめ直してみたいと思います。

LRでした。おやすみなさい。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 LR
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.