お金ファーストではなく幸せファーストで生きよう

こんにちは。おやすみなさい。
LRです。

とにかく僕は怠け者です。

スイッチ入ったらめちゃくちゃ動きますが、スイッチ入るまでがすごく長いし、動いたあとの休息タイムもとても長いです。

それで、僕がいちばんだるくて、動くまでスイッチ入らないなーってものがあるんです。

『お金のための仕事』です。

お金のための仕事は最終的に消滅させて、幸せファーストでいこう!って話をします。

お金ベースで考える仕事はとにかくつまらない

あくまで人それぞれだと思うけど、僕はお金ベースで考える仕事はとにかくつまらないなって思います。

(お金ベースの仕事というのは、売上を最重要目的として行う仕事のことをここでは指しています。)

ふつう、株式会社は株主の利益を最大限まで上げていくことが目的なので、年商とかを気にするわけですが、これが個人的にすごくつまらないです。

理由は2つあって、

1つ目は、年商100億とか1000億とかなっても、「年商を出す関数に入れ込む自然数が増えただけでしょ!」とか思います。

倍率を上げるために、努力とかドラマとかあるかもしれないけど、サイズ感が変わっただけで本質は同じものじゃんって思うので、あまり憧れを感じません。ひねくれてますね。

2つ目は、お金はただの交換道具で、それ自体は幸せに直結していないということです。

どっかの記事で書いたかもしれないけど、お金の本質って、モノやサービスを買うための交換道具です。
その道具を手に入れて、ほしいモノやサービスを買って使ってはじめて、幸せを感じます。

ただ、ほんとうに幸せになるためにお金が必要なの?そのモノやサービスがなくても、幸せになれるんじゃないの?という点を吟味すれば、
『お金は、幸せになるための一つのルートにすぎない』ということが見えてきます。

よくよく自分の周囲を見てみれば、いろいろ「幸せだなー」って思えることって多いはずなのに、なんでそう思えないかっていうと、
頭の中の幸せな自分に視点が行って、現在の自分と比較してしまって「ほしい、ほしい」って思ってるからです。

でも、『幸せになる』が最終目的なら、

例えば大好きなミュージシャンのYoutube見て、その場でライブ見てるイメージを思いっきりつくって、セロトニン出せば幸福感が出てくるわけで、
幸せになるという目的は果たされてしまっているんですよね。

「それじゃ望む幸せは叶わない!」って思うかもしれないけど、
幸せを感じることを毎日やってたら、きっと自然と良い笑顔になるし、良い人も寄ってくるし、いろんなことが叶っていくと僕は思います。

だから、「お金や仕事を介したその先に幸せがあるよ!」なんてやめようぜ!って思うんですよね。すぐそこに幸せはあるんですから。
本当にお金や今の仕事自体が大好きな人は、それを追求すればいいわけで、みんながみんなそれやる必要はないと思うんです。

だから、僕が言いたいのは、

「幸せファーストで生きよう!」

ってことなのです。

そもそも、仕事もお金も大きな視点で見れば、『人間の諸活動』のひとつです。
仕事ってカテゴリーにわけちゃうから何か大層なものに見えるけど、食べたり寝たり、趣味や表現する活動と、本質的に何ら変わりはないです。

そういう意味では、お金ベースの仕事は、生きていくことが果たされればいいわけで、それ以上がんばる必要あんまないと思います。
お金のための仕事は消滅させて、「幸せのための諸活動をしよう!」ということですね。

その上で、幸せって人それぞれです。

「フェラーリがどうしても欲しい、子供のころからの憧れなんだ!」
「1億、10億と増えていく銀行残高を見ていると何か湧き上がってくる」
「すごいブラックだけど今の仕事のお客さんの笑顔が好きなんだ」

とかが、自分にとって本当の幸せならそれも万歳で、すごく良いと思います。
大切なのは、手段(お金)を目的化しないということですから。

で、目の前の『諸活動』にすごい幸せ感じてたら、自然とモチベーションや行動量もアップしていくわけで、成果も高まっていきますからね!

だからこそ常に「幸せファーストで生きよう!」って思います。

自分自身へのメッセージとしても、よく意識しているという話でした。
何かのお役に立てれば幸いです。

LRでした。おやすみなさい。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 LR
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.