エレキギターのボディ形状による音の違い(主観)

LRでです。

エレキギターのボディ形状での音の違いについて書きたくなったので書きます。

特に深い意味はない!

ボディ形状による音の違いの傾向を書いたよ

これまでFender系を中心にたくさんのギターを弾いてきました。

・Fender USA ’62 Jaguar(2000)
・Fender USA ’62 Jaguar(2007)
・Fender USA Telecaster(アメスタ)
・Fender USA Telecaster Custom(2000ぐらいのやつ)
・Fender USA Mustang 1971ぐらい
・Fender Mexico Cabronita Telecaster
・Fender Jaguar(Modern Player)
・Fender Bronco 1980ぐらい?
・Fender Japan Mustang(1994)
・Fender Japan Mustang(2014)
・Fender Japan Jaguar(2007?)
・Squier Jagmaster
・Epiphone SG
・Bacchus BST-62

まだまだあった気がするけどまともに覚えてない……
謎のジャパンヴィンテージや、試奏レベル入れると、たぶん2倍以上になります。

それで、いろいろ弾いてきて、ボディ形状の音の傾向ってこんなだなーってのがわかってきました。

エレキギターのホーンによる違い

まずホーン(ストラトとかで伸びてるツノの部分)なんですが、ちゃんと伸びてると、伸びてる側の弦の音もよく響きます。

具体的にはストラトは6弦側のホーンが長くて、1弦側は短いですよね。
すると低音はよく響きますが、高音が伸び切らない、上の方の倍音みたいなのが出切らない感じがあるんです。

おいしい音の回り方をしないというか、つまっちゃう感じがあるんですよね。

アコースティックでもカッタウェイないほうが音がいい、よく響くなんて言われますが、あれと同じような感じではと思います。

エレキギターのボディ形状による違い

次に、ボディの下の方の広がりです。
面積が大きいと、「ボーン」と自然な音の反響成分が増えると感じてます。

ボディ面積以外にトレモロのバネが入っているかなどもあるので、それほど大きな影響とは思わないけれど、面積あるほうが派手に響く感じです。

あと、ボディの横幅。
ムスタングみたいに狭いと、ギュッとレンジがまとまりやすくなりますね。(狭くなるともいう)

これがジャガーやジャズマスターみたいに広いと、またこれもボーンと鳴ってきます。

ボディ厚もそうで、厚いほうが響きに深みがあります。
SGは横幅広めでホーン左右普通、ボディ厚うすいということで、全音域において「バッシャー」って鳴ります。

ジャガーはボディ大きいし、割りと厚めで、6弦ホーンも長いので、かなり低音でボーンとなってくる印象です。

ジャキジャキめのピックアップでうまくバランス取れてますが、サウンドバランスの意味でいえば、ブリッジ変えたほうがキレイに鳴るはずです。

ボディ形状と音のバランスが良いエレキギター

このあたりを踏まえて、一番サウンドバランスがいいなーって思うのが、テレキャスターです。

【NAMM2018】Fenderが新機軸の予感って記事でちょこっと書いたけど、ボディ形状・厚み・スケールの長さとか、全体的にバランスがよくて、全音域かなりきれいになるんですよね。

独特のブリッジプレートで音の個性もあるし、もし入門ギターとなったら、僕としてはバッカスのテレキャスあたりおすすめしたいところです。

でもジャガーが一番好きだけど!

LRででした。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 LR
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.