toggle
2017-10-10

風邪の治し方:マネしないでください

こんにちは。おやすみなさい。
LRです。

9月17日ぐらいからノド風邪を発症し、熱は24日ぐらいには引いたものの、その後けだるさで10月4日ぐらいまでずっとダウンしていました。

そこで、風邪を長引かせてしまった僕が、その時に行った風邪の治し方をシェアしようと思います。

何の役に立つのかわかりませんが、もしかしたら反面教師になるかもしれないので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

風邪の治し方1.薬を3種類のむ

病院に行く気がおきなかったので、市販薬を3種類買ってきて飲みました。あとその辺のよくわからないロキソニンみたいなものも飲みました。

一つは毒掃丸という漢方で、毒を出したかったので、完全に名前で選んで飲んで、

あとは有名な……なんだっけ。

あ、エスタックを飲みました。

あとノドが痛かったので、口コミが良かったぺラックT錠を飲みました。

3つの薬を一緒に飲んでる時点で、すでにオススメできない風邪の治し方ですが、

結果からいうと、毒掃丸とぺラックT錠は効いた気がします。

なんか無理矢理いろいろなものを止められてる感覚っていうんでしょうか。

かがくのちからがすごかったです。

ぺラックT錠は、ノドの痛みにすごく効いたのでオススメです。

あと毒掃丸はなんとなく胃腸が優しくなった気がします。気のせいかもしれませんが。

風邪の治し方2.とにかく寝て外に出ない

とにかくたくさん寝ました。

動く気力がなかったのもありますが、土日も、特別何もなかった時もたくさん寝て、カラダの治癒能力を引き出そうとしました。

(結果引き出せませんでした)

寝ること自体はとても良いことな気がするのですが、頭痛するほど寝ても仕方がないので、ちょっとベランダで空気をすうとかした方がいいと思います。

気持ちがダウナーになっていくので(ある意味すばらしいのですが)、適度に外界の刺激をとりいれましょう。

風邪の治し方3.ネギを生で食べる

ネギを食べると殺菌作用でいいと聞いたので、洗って生で食べました。正確にはインスタント味噌汁に入れました。

とても辛かったです。

この世のものとは思えない刺激物で「何で神様はこんなものを生み出したんだろう」と感じたり、捕食者から身を守る、ネギの生存本能を感じたりします。

仏教で五葷(ごくん)と言われ、嫌われるのも分かる気がします。

(ネギ・玉ねぎ・ニラ・ラッキョウ・ニンニクなど、においの強いものは刺激が強すぎて、煩悩になったり毒になるとの話)

ただ、なんとなくノドの痛みが緩和された感じがしました。

ネギやタマネギには硫化アリルという成分が入っているらしく、殺菌作用があるそうで、風邪ウィルスも倒してくれるそうです。

僕の場合は、倒される以上に別のダメージを受けた気がするので、食べたい時はちょっと調理するのがいいと思います。

風邪の治し方:マネしないでくださいまとめ

以上が、僕が風邪を治した方法です。

熱風邪と後を引いたダルさが3週間以上続いたので、絶対にマネしないでください。

LRでした。おやすみなさい。

スポンサーリンク

関連記事
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.