ブログは気軽に書いても良いのではないか

LRででです。

4月いろいろバタバタしすぎた反動でなかなかブログに気が向かなかったけれど、また徐々に書いていこうかなーと思ってます。

あとこのブログは日記的なものもそこそこ書いてるのと、書き方が雑すぎて情報が散りすぎているので、別のサイトとしてのブログも作ろうかなーとか。

文章を書くのは趣味というか仕事なので好きなので、何かしら言葉や思想でも活動していきたいです。

それはさておき、ブログってもっと気軽に書いてみてもいいよなあって話をしてみます。

書けば書くほど文章に対して身構えてしまう

1万字とか重く感じないぐらいには文章に向き合ってきたし、詩や歌詞など創作方面でもつくりつづけています。

ただそうこうしているうちに、どうしても「これぐらいの文字数は書かなきゃいけない」とか、「正確にディティールを表現したいからここまで深入りして書かなきゃいけない」とか、なんかいろんなことを考えちゃうんですよね。

このブログLRPについては、なるべくそのままというか、僕の頭の中で喋ってる言葉そのままを書いてるんです。(だから読みにくい部分もある)

とはいえ、やっぱりどうしても文章化するにあたって何だか少し身構えてしまうところもあって、それはあまり良くないなあと。

もちろんビジネス的に人に聞かせる文章としては、読みやすく整えるのは一つの考え方なのだけど、少なくともこの場所は、ビジネスファーストで書いてるわけじゃないですからね。

だから、自分を素直に表現する場所としてのブログは、もっと気軽に書いてみていいと思うんです。

一つの行動に対して、一つの目的に絞ること。

それで最近ほんとによく思うのが、ひとつの行動に対してひとつの目的に絞りなさい、ってことなんです。

僕もいつも効率を求めるタイプなんで良く分かるんですが、今って時短とか効率とかほんと言われるじゃないですか。
スピードアップとかマルチタスク処理みたいな話で、そういう研究は僕もよくやってます。

でも人生においては、もっとゆっくり、目の前のこと一つに集中したほうが、なんというか味わい深くなると思うんですよね。

今を生きるべきたった一つの理由

上の記事にすこし書いたんですが、やっぱり現在現時点が一番の情報量をもっているので、それだけでも目の前のことに集中したほうが良いし、
無意識のバックグラウンドでいくつものことを処理したとしても、意識上でゲシュタルトとして維持されるのはたった一つのことなので、どうせなら目の前のことでゲシュタルトを埋めてしまった方が良いと。

そうするとどうなるかというと、目の前のことに対する情報量(感覚器への入力量)が最大化して、脳内の情報と一番大きな統合が起こって、掛け算で最大化するということです。

ひとつの行動に対してひとつの目的を定めておくと、そこに意識が集中するので、情報量が最大化して味わい深くなるということですね。

ブログの目的はブログを書くこと

それじゃあブログの目的は何かと言えば、書くことそのものにあるんじゃないかなって思います。

自分にとって書くことが癒しになるとか、何かを吐き出せるとか、そういう結果的な効果はあるかもしれないけど、それよりなにより「書きたいから書く」しかないと思うんですよね。

これがビジネス目的のサイトだったら、当然何らかの価値を提供するとか、サービスの宣伝だとかあると思うけど、少なくとも日記や表現媒体としてのブログはそうではないと。

もっとも純粋な等身大の写し鏡としてのブログなら、書くこと自体を目的にして、もっと気軽に書いちゃえばいいよなーって感じたという話でした。

LRでした、おやすみなさい。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018 LR
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.